« 2006年5月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年8月17日 (木)

ビジネスメモ

開発のプロセス

開発手順は6段階に分かれています。具体的には(1)アイデアの探索、(2)アイデアの選別、(3)経済性分析、(4)開発、(5)テスト、(6)商品化の6段階です。

(1)アイデアの探索は、社員は勿論取引先や顧客等様々なところからアイデアを集める段階です。

(2)アイデアの選別は、探索したアイデアの中から良さそうなものを取捨選択する段階です。ブース・アレン&ハミルトン社が51社を対象に行った調査の結果では、この段階でアイデアは60強から約12に絞られることになります。

(3)経済性分析は、選別したアイデアが製品になった場合どのくらいの売上高、利益が期待できるかを予測して、経済的に有利なアイデアを抽出する段階です。ここで約12のアイデアは約7になります。

(4)開発は、アイデアが実際の製品として作られる段階です。製造コストや品質管理の容易さ等の観点からさらにアイデアは絞り込まれて約7のアイデアは約3になります。

(5)テストは、作られた製品のテストマーケティングが行われ、市場性や販売可能性などが判断される段階です。ここでアイデアは約2になります。

(6)商品化は、どのように新製品を売り出すかについて販売戦略が策定される段階です。ここで失敗すると絞られたアイデアも無駄になってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年8月16日 (水)

ビジネスメモ

プレゼンの時のパワーポイントはできるだけ少なく。

ユーザーの視点(ネットの技術は一般の人はわからない)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年12月 »